そこが知りたかった!太陽光発電Q&A

太陽光発電よく出てくる単位 kWとkWhの違いがよく分からないですが...?

●kW


kWはキロワットといいます。
よく耳にする単位です。
1kWが1000W(ワット)です。
ワットとは、電力。
電力とは、その瞬間9.jpg
一秒当たりの電気の量
という意味です。


電力(Wワット)=電流(Aアンペア)×電圧(Vボルト)
になります。
電流は、電気の流れる量
電圧は、電気の流れる強さ


中学あたりで習ったのでは、ないでしょうか。



●kWh


kWhは、はじめての人も多いでしょう。
キロワットアワー、キロワット時といい、
1kWhが1000Wh(ワットアワー)です。


簡単にいってkWhとは、電力(W)に、時間(h)をかけたものと
認識しているとわかりやすいと思います。08.jpg


1kWhとは、1kWの電力を1時間使った時の電力量のことです。


100Wの電球を1時間つけると100Whです。
100W×1h=100Wh


注意したいのは、
10Wの電球を10時間つけても100Whになります。
10W×10h=100Wh


速度と距離に例えることができます。
kWが速度、kWhが距離


時速100キロメートルの車が1時間走れば、
100キロの距離進んだことになります。


時速10キロメートルの自転車が10時間走っても、
100キロの距離進んだことになります。


kWhは、
使用した、または発電した
電気の総量というかんじでしょうか。
きっちりと理解しておきましょう。



最後に...
現在1kWhあたり42円で電気が売れます。
これを電球の例を使うと
100Wの電球10個を、1時間つけていられる分の電力を
42円で売っているということになります。


関連記事
太陽光発電と発電量
前の記事
撤去するに、費用はかかりませんか?
次の記事
太陽光パネルをとりつける場合、TVアンテナは問題になりますか?




投資信託用口座