そこが知りたかった!太陽光発電Q&A

太陽光発電のメリットは?デメリットは?《2014最新版》


導入する家庭・企業が急増している「太陽光発電」
このページでは、そのメリット&デメリットをまとめてみました。


電気は買うものという常識がくつがえります。
初期投資を抜きに考えれば、電気代が無料。
電気は自分の家でつくり、使うものという時代が始まっています。


発電して、使わない分の電気は売れます。
現在電気は、買うより売る方の値段の方が高いのがポイントです。


原子力はもちろん、火力発電もなにかしらの問題を抱えています。
太陽光発電は、資源を浪費することもなく、二酸化炭素を排出することもありません。
とっても「エコ」な発電方法です。


基本、太陽光発電で発電した電力は貯めておけないので、夜は使えません。
ただ、電気会社から買う電気の方が安いので、
お金のことだけを考えたら、デメリットとは言えないかもしれません。
蓄電池の技術開発も進んでいます。


太陽光発電つけたいけど、予算が...と二の足踏んでいる人も多いと思います。
これが導入する際の、一番のデメリットと言えます。
ただ、地域によって100万円近く、補助金が出る場合もあります。


発電量は、同じ製品をつけたらどの家庭でも同じ、というものではありません。
屋根の形、屋根の向き、地域の日射量によって変わってきます。


また、どのくらい得できるか?についても、ケースバイケースで変わって分かりにくいので、
以下に、図も使って分かりやすく解説していますので、参考にしてみてください。



まずは以下の図をご覧ください。



つまり、1・2・3 の数字が分かれば、何年で採算がとれるか分かります。



ソーラーパネルの料金はメーカーによって違います。
設置工事費用は業者によってだいぶ開きがあります。



国や地方自治体などから出ます。
地方自治体からの補助金は、条件や金額が地域ごとに違います。
太陽光発電設置業者に聞くのが一番確実です。



屋根の形や大きさによって変わってきます。
また、現時点では、「電力会社から買う電気の値段」<「電力会社へ売る電気の値段」
なので、なるべく発電した電気は売った方が得になります。


昼に太陽光発電は発電できるので、昼にあまり電気を使わない家庭は、
電気を多く売れることになり、得する金額が大きくなります。
このように、あなたのライフスタイルも得できる額に関係してきます。


1・2・3の数字を知るには、専門家でもある「太陽光発電の設置業者」に聞くのが一番早いです。


ただ、1のソーラーパネル料金はメーカーによって違いますし、
設置工事費は、業者さんによって全然違うので、
複数の業者さんから見積もりを出してもらって比較することをオススメします。



そして、この業者なら信頼できる!と思ったところへ、
初期費用・補助金の額・発電量について、納得できるまで詳しく話を聞くようにします。


その結果、「うちの場合は、、、太陽光発電の導入はやめておこう!」となっても、もちろんOKです。
無料で見積も出してもらえて、相談にも乗ってもらえた。
太陽光発電の勉強がタダでできたなー。という感じですね。







投資信託用口座