各住宅メーカーの太陽光発電システム

太陽光発電システムを新築に!旭化成ホームズ

旭化成ホームズは、新築請負事業、リフォーム事業、不動産関連事業などを展開しています。

商品には、ヘーベルハウス、ヘーベルメゾン、ストックヘーベルハウス、アトラス、ヘーベルタウンがあります。

ヘーベルハウスは、立方体がシンプルなベースとなっているCUBIC、頑丈な外観が印象的な新大地、システムラーメン構造が都市にもマッチするフレックスがあります。

このヘーベルハウスには、ハイパーフレーム構造、システムラーメン構造、耐火性、耐久性、断熱性、遮音性、住環境シュミレーション、環境配慮、創エネルギー、設計対応力、防犯性の13にもなるハイクオリティな自慢のこだわりがあります。

・ハイパーフレーム構造は、CUBICの標準仕様となっており、新しいすじかいによりエネルギーを吸収する制震フレーと、コッターやモルタルなどにより一体化させた剛床システム、荷重を分散させる鉄筋コンクリート床連続布基礎、外壁の変形やひび割れを防ぐロッキング工法により、地震に強い住宅を実現しています。


・システムラーメン構造は、柱とはりをつなぐことによって、しっかりと固定することができいます。
さらに、鉄骨と基礎が緩むことなく融合するヘーベル剛床システムがあります。


・耐火性については、ISOー834にそった試験を行い、被害の大きな火災を想定して実験しても安全で、さらに近隣住宅に火災が発生したことを想定しても、耐火構造部材を使用し、シャッターなどについても防火認定を取得しています。

また、室内で火災が発生した場合でも、となりの部屋へ燃え移りにくいボードで防火対策は万全です。


・軽く、熱や水で化学反応を起こしにくいバモライト結晶により、60年以上の耐久性度をを実現しています。

また、外壁には下塗り、中塗り、上塗りの3層のロングライフコートにより、外壁の美観が30年以上保たれます。

・夏は涼しく、冬は暖かくを可能にした高性能断熱材を使用することで、高い耐熱性を発揮します。

このように、旭化成のへーべるハウスにはさまざまな技術が生かされています。


この中でも、創エネルギーという観点で太陽光発電を取り入れた、"発電ヘーベルハウス"というものがあります。


ヘーベルハウスの太陽光発電を導入した発電ヘーベルハウスには、太陽光発電+エネファーム、または太陽光発電+地中熱冷暖房があります。


太陽光発電+エネファームは、太陽から作られた電気とガスを組み合わせることによりCO2は60%削減、年間光熱費は12万円の削減ができます。

太陽光発電+地中熱冷暖房は、CO2削減率は50%、年間光熱費は14万円も削減が可能です。

このような年間光熱費やCO2排出量は、ヘーベルハウスのアリオスによって、シュミレーションでその家庭に合わせて予測することができます。




投資信託用口座