余裕があれば、ここまでどうぞ!太陽光発電 発展講座

計画停電、震災のときに、太陽光発電は使えるのか?

以前、東日本大震災があってから、各地で計画停電が行われるようになりました。

この計画停電が行われている間は、電気を使用することができません。

ですが、太陽光発電システムを設置していることで、こういった計画停電時でも有効に電気を使用することが出来るのでしょうか。


最近行われていた計画停電の際に、「太陽光発電システムをつけているのに停電時に電気が使えない」と、太陽光発電システムのユーザーから、各メーカーに通常の10倍以上の問い合わせが殺到したようです。


実際、計画停電時や震災などで電力会社から電気の供給がストップしたときでも、太陽光発電システムで電気を使うことはできます。


ただし、マニュアルにも記載されているような注意事項がいくつかあるのです。


問い合わせの多くは、こういった計画停電などの非常時に自立運転させる方法を認識していなかったことが原因であるようです。


電気が供給されない状況で、太陽光発電システムで発電した電気を利用するには、太陽光発電のブレーカーをきり、自立運転に切り替える作業が手動で必要となります。

この作業を知っていないと、いくら太陽光発電システムを設置していても、宝の持ち腐れです。


また、自立運転に切り替えて太陽光発電で発電した電気を使用出来るようになったところも、いくつかの制限があります。


まず、使用出来る電力は1.5kwまでです。
これ以上の電気を発電していても、この電力以上は使用することができません。


また、発電した電気が使えるのも昼間だけです。
太陽が出ている間だけとなり、曇りや雨の日などは安定した発電ができません。

夜間の間は太陽光発電システムで発電もできません。

ニッケル水素電池などの充電池がある場合は、
昼間に発電した電気を充電することが出来るので、夜間でも電気を使うことができます。


夜間使用出来ないというデメリットは、太陽光発電システムのもともとあるデメリットですが、災害時などで電気が供給されない状況で、昼間に電気が使えるだけでもすごく心強いと思います。

全く電気がない状態で、テレビ・ラジオが使えれば情報を知ることが出来るし、携帯を充電できれば友達や知り合いとも連絡をとることができます。


冷たい物しかないことが毎日続いても、お湯を沸かして暖かい物を食べることもできます。

ということで、災害時や停電時などに太陽光発電は有効です。




投資信託用口座