どこでも一緒?太陽光発電各種メーカーの特徴

パワーコンディショナ電力変換効率、国内NO1 三菱電機


三菱電機、日本で知らない人はいない家電のメーカー
太陽光発電システムにも参入しています。002.jpg


各種メーカー得意分野が違っています。
この三菱電機の特徴は、パワーコンディショナ
電力変換効率97.5パーセント!業界最高です。


パワーコンディショナとは、なんでしょうか。
太陽電池モジュールによって発電された電力は、直流電力。
そのままでは使えません。
それを家庭で使える交流電力に変えるのがパワーコンディショナです。


三菱のパワーコンディショナにより、
発電した電力を最大限使うことができます。



耐久性も自慢です。
3層構造パックフィルムで塩害から守り、
プロテクションバーにより積雪2メートルにも耐えられます。
防汚フレーム、4重防水処理でilm23_dg03002-s.png
雨や風にも強いつくりです。
垂木固定方式、アルミニウム架台で、
屋根への負荷も少なくなっています。


モジュールの形にも特徴があります。
台形の形のモジュール。
日本の屋根の形にフィット、
無駄なく設置できます。


発電量も、単結晶タイプだと、212W
申し分ない高出力です。


機器の10年間保証もついています。



さすがの三菱、至れり尽くせりというかんじです。
太陽光発電システムを選ぶ際、
三菱というブランドを信頼して任せるのも
いいかもしれません。


前の記事
日本で最初に住宅用太陽光発電システム販売 京セラ
次の記事
世界最高の変換効率 東芝




投資信託用口座