太陽光発電と各種発電と比較してみよう

太陽光発電とエネファーム


家庭用の発電といえば、
太陽光発電と同じくらい、エネファームもよくきく言葉です。
cmの影響でしょうか。
エネルギーと農場のファームを組み合わせた造語で、
正確には、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムのことです。



ただ、エネファームといわれてもilm19_bb01010-s.png
名前は知ってってもそれがなんなのか分かってない人も多いと思います。


簡単にゆうと、ガスから電気とお湯をつくるシステムです。
ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させて、発電します。
(水の電気分解の逆)
この時の発生する熱でお湯もつくっています。


床暖房などでお湯をたくさん使う家庭に向いているシステムです。



太陽光発電と少し比べてみましょう。ilm20_aa12002-s.png

エネファームは、CO2排出量削減をうたっています。
確かに、発電時二酸化炭素は発生しませんが、
水素を取り出す時には、二酸化炭素が発生しています。
太陽光発電は、CO2排出量完全ゼロです。


また、太陽光発電のように、
つくった電気を売ることはできません。


そもそも電気をつくるための太陽光は無料ですが、
ガスは、当然お金がかかります。


太陽光発電とエネファームを比べるなら、
太陽光発電の方に軍配があがりそうです。



ただ、太陽光発電とエネファームがタッグを組んだ、
ダブル発電なんていうものも存在します。
両方に興味ある方は、選択肢にくわえてみてもいいかもしれません。


エネファームに似たものにエコウィルがありますが、
これは、ガスエンジンを利用して発電をして、
排熱でお湯をつくります。


ちなみに、エコウィルの名前によく似た、
エコキュート、エコジョーズ
お湯のみで発電はしないシステムです。


前の記事
太陽光発電と海洋発電
次の記事
太陽光発電とバイオマス発電




投資信託用口座