知識がゼロのあなたに!太陽光発電基礎講座

太陽光発電と補助金


太陽光発電の最大のネックは、
導入にかかる費用。
とにかくお高いイメージがあります。ilm14_ba06014-s.png


そこで、助けになるのが補助金。
採算をとろうとしている人には、
おおきな後押しです。
地球温暖化防止、CO2削減のため、
太陽光発電設置にあたり、
国が支援してくれるのです。


J-PEC 一般社団法人太陽光発電協会 太陽光発電普及拡大センター
というところに、申請することになります。



さて、気になる金額ですが...
2012年度の補助金制度では、


●1kWあたりのシステム単価が
55万円以下の場合、
1kWあたりの補助金額は、
3.0万円


●1kWあたりのシステム単価が
47.5万円以下の場合
1kWあたりの補助金額は、
3.5万円


補助金の金額は、年によって変わる可能性があります。
今年の申請期間は、平成24年4月19日(木)から平成25年3月29日(木)
予算がなくなると、補助金は終了します。



一般家庭で多い、3.5kWを設置するとすれば、
補助金は、約10万円。
5%くらいを援助してくれるというところでしょうか。


あれ、何だかたいして安くならない気がしませんか?
安心してください。補助金は、国からだけではありません。
地方自治体による補助金があります。
都道府県、市町村それぞれ実施している場合もあり、
3つの補助金を併用して受け取ることができます。


これは、非常に補助金の金額が高い例ですが、3.gif
2012年 東京都中央区だと、
3.5kWシステム設置で、
国から10万5千円。
都から35万円。
区から35万円。
で合計80万円くらいの補助金がもらえることになります。


つけとかなきゃ損ってかんじです。


ただ、地方自治体の補助金は、
地域によって、条件、金額もまったく変わってきます。
補助金がない場合もあります。
よく確認してみてください。


関連記事
...で結局のところ、太陽光発電で採算とれるの?
前の記事
太陽光発電と買取価格
次の記事
太陽光発電設置するのにかかる費用




投資信託用口座