知識がゼロのあなたに!太陽光発電基礎講座

今がチャンス!法人用・産業用の太陽光発電 


工場、倉庫、学校、病院、オフィスビル、マンション、アパート、公共施設ilm2007_03_0160-s.jpg
広い屋根を遊ばせておくのは、もったいない気がしませんか。


電気代の節約、売電により経費削減、
減税対策にもなります。
もちろんエコにもなります。


実は、法人用、産業用、いわゆる非住宅の太陽光発電を
はじめるのは、今がチャンスなのです。非常に有利な条件で
売電の契約が出来ます。



2012年、買取価格が去年より2円上がって、42円/kWh
2009年、買取が始まった当初、6.gif
非住宅の買い取り価格は、24円/kWhで、
それから比べると、倍近いです。
期間は、20年
全量買取制度もはじまっています。


(上記の条件は、2012年7月から2013年3月末まで受給契約申し込み分です。)


全量買取制度とは、何でしょう?


いままでは、余ったぶんの電力のみ売ることができる
余剰買取制度でした。
それが、発電した分を全て売ることができるように
変わりました。
これが、全量買取制度です。


太陽光で発電した電力は、
高い値段ですべて売ってしまいます。
自分のところで必要な電力は、
今までどおり電気会社から
安い値段で買えば、いいわけです。


家庭用の太陽光発電では、それができません。



※ただし、注意しておきたいのは、発電規模


発電規模が、10kW以上だと前述どおり、
買取期間は20年間で、全量買取です。


発電規模が、10kW未満だと
買取期間は10年間で、余剰買取になります。


目安として、100平方メートルの面積の太陽光発電で、
10kWになります。



この条件はおそらく、ピーク。
今年度がもっとも好条件で、後は、年を追うごとに下がっていくものと思われます。

もし、迷われているなら
すぐにでも真剣に考えてみることをオススメします。


関連記事
太陽光発電と買取価格
太陽光発電よく出てくる単位 kWとkWhの違いがよく分からないですが...?
前の記事
...で結局のところ、太陽光発電で採算とれるの?
次の記事
太陽光発電と屋根の形




投資信託用口座